眼のピント調節機能を維持し、肩や腰の負担を軽減させる

アスタキサンチンは赤い色素成分で、天然に広く存在するカロテノイドの一種です。有効性としては、VDT作業などによるピント調節機能の低下を抑制することが期待されています。

本品「アスタキサンチン」はそのアスタキサンチンを一日摂取目安量1粒中に6mg配合し、眼のピント調節機能を維持し、パソコンやスマートフォンの使用による一時的な眼の疲労感を緩和し、眼の使用による肩や腰の負担を和らげる事に関して機能性表示をしている製品です。眼のピント調節、疲労感、肩や腰の負担が気になる方におすすめです。

アスタキサンチン届出番号:E791

こんな方に
オススメ!
眼のピント調節、疲労感が気になる方
肩や腰の負担に悩む方
  • 内容量:30粒
  • 機能性関与成分/一日摂取目安量1粒中
    アスタキサンチン 6mg
届出表示

●本品にはアスタキサンチンが含まれます。アスタキサンチンには眼のピント調節機能を維持し、パソコンやスマートフォンの使用による一時的な眼の疲労感を緩和し、眼の使用による肩や腰の負担を和らげる事が報告されています。 眼のピント調節、疲労感、肩や腰の負担が気になる方に適した食品です。

本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。本品は、国の許可を受けたものではありません。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンにはVDT作業などによるピント調節機能の低下を抑制することが期待されています。眼のピント調節、疲労感、肩や腰の負担が気になる方に適した食品です。

▼アスタキサンチンの働き

  • 眼のピント調節機能を維持し、肩や腰の負担を軽減させる

アスタキサンチンの有効性

消費者庁への届出に使用したデータ例
  • 対  象:普段からVDT作業に従事し疲れ眼を訴えるヒト59名
  • 摂  取:アスタキサンチン6mg
    もしくはプラセボ
  • 摂取期間:4週間
  • 結  果: アスタキサンチン群はプラセボ群と比較して眼のかすみ、肩・腰のこりが有意に改善
    その他、眼のピント調節力の変化量も有意に改善した
  • 『アスタキサンチン含有ソフトカプセル食品の調節機能及び疲れ眼に及ぼす影響 』臨床医薬, 2006, 22(1), 41-54. 【一部改変】
  • アスタキサンチンが眼のピント調節力を改善し、眼のかすみや肩・腰のこりを改善

機能性表示食品に関わる情報開示・届出

機能性表示食品の届出情報は消費者庁ホームページでご確認いただけます。
※下記届出番号をいれて検索下さい。

    1. 届出番号:E791
トップへ戻る